東京大学先端科学技術研究センター 代謝医学分野 酒井研究室

Home » 業績集 » 原著論文 » 2014-05-07

スタチンはクロマチン構造変化を介して内皮細胞のKLF4遺伝子を誘導する

2014年05月05日 10時44分00秒 (#159)

Maejima T, Inoue T, Kanki Y, Kohro T, Li G, Ohta Y, Kimura H, Kobayashi M, Taguchi A, Tsutsumi S, Iwanari H, Yamamoto S, Aruga H, Dong S, Stevens JF, Poh HM, Yamamoto K, Kawamura T, Mimura I, Suehiro J, Sugiyama A, Kaneki K, Shibata H, Yoshinaka Y, Doi T, Asanuma A, Tanabe S, Tanaka T, Minami T, Hamakubo T, Sakai J, Nozaki N, Aburatani H, Nangaku M, Ruan X, Tanabe H, Ruan Y, Ihara S, Endo A, Kodama T, Wada Y.
Direct Evidence for Pitavastatin Induced Chromatin Structure Change in the KLF4 Gene in Endothelial Cells
PLoS One. 9, e96005, 2014. [DOI] [PubMed]

スタチンはクロマチン構造変化を介して内皮細胞のKLF4遺伝子を誘導する

Direct Evidence for Pitavastatin Induced Chromatin Structure Change in the KLF4 Gene in Endothelial Cells
PLoS One. 2014 May 05;9(5):e96005. doi: 10.1371/journal.pone.0096005.

 高脂血症の治療薬として広く用いられているスタチン系薬剤には、血中LDL-Cholesterol(LDL-C)低下作用以外にも抗動脈硬化的に働く作用があることが知られている。前島崇司(まえじま たかし)研究員(現、興和株式会社)はスタチン系薬剤が直接内皮細胞に作用し、クロマチン構造変化を介してターゲット遺伝子発現を調節していることを見いだし、これが従来考えられていた抗動脈硬化の一端を担っている可能性を示しました。本内容は、2014年5月5日付でPLoS One誌電子版に掲載されました。

Direct Evidence for Pitavastatin Induced Chromatin Structure Change in the KLF4 Gene in Endothelial Cells

Maejima T, Inoue T, Kanki Y, Kohro T, Li G, Ohta Y, Kimura H, Kobayashi M, Taguchi A, Tsutsumi S, Iwanari H, Yamamoto S, Aruga H, Dong S, Stevens JF, Poh HM, Yamamoto K, Kawamura T, Mimura I, Suehiro J, Sugiyama A, Kaneki K, Shibata H, Yoshinaka Y, Doi T, Asanuma A, Tanabe S, Tanaka T, Minami T, Hamakubo T, Sakai J, Nozaki N, Aburatani H, Nangaku M, Ruan X, Tanabe H, Ruan Y, Ihara S, Endo A, Kodama T, Wada Y.


PLoS One. 2014 May 05;9(5):e96005. doi: 10.1371/journal.pone.0096005.

↑このページの先頭へ