東京大学先端科学技術研究センター 代謝医学分野 酒井研究室

Home » 業績集 » 原著論文 » 2016-11-11

GPR103欠損マウスは小食で肥満抵抗性。筑波大学 櫻井 武 教授、柳沢正史 教授らとの共同研究

2016年11月11日 15時29分00秒 (#218)

Okamoto K, Yamasaki M, Takao K, Soya S, Iwasaki M, Sasaki K, Magoori K, Sakakibara I, Miyakawa T, Mieda M, Watanabe M, Sakai J, Yanagisawa M, Sakurai T.
QRFP-Deficient Mice Are Hypophagic, Lean, Hypoactive and Exhibit Increased Anxiety-Like Behavior.
PLoS One 11, e0164716, 2016. [DOI] [PubMed]

柳沢オーファン受容体プロジェクト(ERATO)でリガンド同定したオーファンGPCR(PNAS 2006, GPR103)のノックアウトマウスを解析しました。このノックアウトマウスは小食でとなり不安行動が増加するなどの表現型が得られました。PLoS Oneオンラインに掲載されました。

↑このページの先頭へ