東京大学先端科学技術研究センター 代謝医学分野 酒井研究室

Home » メンバー » 田中十志也

特任教授 田中 十志也(たなか としや)

田中 十志也

略歴

1990年3月 東京薬科大学薬学部卒業
1993年3月 東京薬科大学大学院博士前期課程終了(薬学修士)
1993年4月 米グレラン製薬(現あすか製薬)研究開発本部
2000年4月 NEDOプロジェクト「蛋白質の発現・相互作用解析技術の研究開発」研究員
2004年9月 東京大学 大学院工学研究科博士課程修了
2004年10月 東京大学 特任助手   (先端科学技術研究センター 代謝・内分泌システム生物医学分野)
2006年2月 東京大学 特任助教授(先端科学技術研究センター 代謝・内分泌システム生物医学分野)
2007年4月 東京大学 特任准教授(先端科学技術研究センター 代謝・内分泌システム生物医学分野)
2015年4月
東京大学 特任教授   (先端科学技術研究センター 受容体医学分野)
     現在に至る

代表論文

  1. Tanaka, T., et al: Activation of Peroxisome Proliferator-Activated Receptor Induces Fatty Acid -oxidation in Skeletal Muscle and Attenuates Diet-Induced Obesity and Insulin Resistance. Proc Natl Acad Sci U S A, 100, 15924-15929 (2003).
  2. Sumi K, Tanaka T, et al, Cooperative Interaction between Hepatocyte Nuclear Factor 4 alpha and GATA Transcription Factors Regulates ATP-Binding Cassette Sterol Transporters ABCG5 and ABCG8. Mol Cell Biol, 27, 4248-4260.
  3. Ohguchi H, Tanaka T, et al (2008) Hepatocyte nuclear factor 4 contributes to thyroid hormone homeostasis by cooperatively regulating the type 1 iodothyronine deiodinase gene with GATA4 and Kruppel-like transcription factor 9. Mol Cell Biol, 28, 3917-3931.
  4. Tanaka T, (2006) Dysregulated expression of P1 and P2 promoter-driven hepatocyte nuclear factor-4α in the pathogenesis of human cancer. J Pathol, 208, 662-672.
  5. Tanaka T, Tahara-Hanaoka S, Nabekura T, Ikeda K, Jiang S, Tsutsumi S, Inagaki T, Magoori K, Higurashi T, Takahashi H, Tachibana K, Tsurutani Y, Raza S, Anai M, Minami T, Wada Y, Yokote K, Doi T, Hamakubo T, Johan A, J. GF, Nakajima A, Aburatani H, Naito M, Shibuya A, Kodama T, Sakai J  PPAR beta/delta activation of CD300a controls intestinal immunity. Scientific Reports 4, 5412, 2014. 

所属学会

日本分子生物学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本薬理学会、日本動脈硬化学会

↑このページの先頭へ